ジョン・クラーク スレーター(英語表記)John Clarke Slater

20世紀西洋人名事典の解説

ジョン・クラーク スレーター
John Clarke Slater


1900.12.22 - 1976.7.25
米国の物理学者。
元・国際物理学連合副会長,元・マサチューセッツ工科大学教授。
イリノイ生まれ。
ロチェスター大学で学ぶ。1923〜25年ケンブリッジ大学やコペンハーゲン大学に留学する。その後マサチューセッツ工科大学で研究に従事。’30年には、同大学の教授に就任し、結晶のエネルギー帯や多電子問題、電子軌道などに関する研究を行う。’51〜54年国際物理学連合の副会長を務める。彼の研究は、現代個体量子論の形成に重大な役割を果たした。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android