ジョージ ブレイス(英語表記)George Braith

20世紀西洋人名事典の解説

ジョージ ブレイス
George Braith


1939.6.27 -
米国のジャズ演奏家。
ニューヨーク州ブロンクス生まれ。
別名George Braithwaite。
母親と5人の姉妹は全員ミュージシャン。10歳から自己のグループを結成し、テレビや劇場で演奏活動。1957年自己のコンボでオランダに楽旅。マルチ・リード奏者として人気を得る。’63年ジョン・バットンの「ブルー・ジョン」に参加。同年初リーダー作「トゥー・ソウルズ・イン・ワン」を発表。一時自己のジャズ・クラブをグリニッジ・ビレッジに持つ。その後消息不明となるが’80年代に入ってマンハッタン各地にストリート・ミュージシャンとして出現。代表作「ソウル・ストリーム」「ラーフィング・ソウル」等。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android