ジョージ朝様式(読み)ジョージちょうようしき(英語表記)Georgian style

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジョージ朝様式
ジョージちょうようしき
Georgian style

イギリスのハノーバー家 (→ハノーバー朝 ) のジョージ1世からジョージ4世までの時代 (1714~1830) につくられた建築 (→ジョージ朝建築 ) ,装飾品,家具および銀器に適用される美術史用語。この様式は幾多の発展段階をもち,パラディオ主義 (→パラディオ ) に始まり,ゴシック美術や中国美術への傾倒を経て,1770年頃からは新古典主義美術への接近を示すが,全体としては優れたデザインと洗練された技巧とを特色とする。建築および装飾の分野ではウィリアム・ケントとロバート・アダムが,家具の分野ではトマス・チッペンデールが特に重要な作品を残した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android