コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スカシバガ スカシバガ Aegeriidae; clearwing moth; wasp moth

2件 の用語解説(スカシバガの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スカシバガ
スカシバガ
Aegeriidae; clearwing moth; wasp moth

鱗翅目スカシバガ科の昆虫の総称。小型のガで体は細長く,鱗粉におおわれる。翅は透明で細長く,前翅の一部と後翅の大部分が鱗粉を欠く。触角は棍棒状で先端に小さな毛束をもつものが多い。体をおおう鱗粉によって黒と黄のハチに似た斑紋をもつ種が多く,また昼飛性でもあるためまちがわれることが多く,擬態の好例とされる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スカシバガ
すかしばが / 透翅蛾

昆虫綱鱗翅(りんし)目スカシバガ科Sesiidaeの昆虫の総称。小形から中形のガで、はねは非常に細長く、前翅と後翅がともに透明か、または後翅だけ透明な種が多い。太い胴部と、鱗毛で覆われた脚(あし)などとともに、はでな色彩から、ハチとよく似ている。しかも成虫はすべて昼飛性で、蜜(みつ)を求めて花を訪れることがあるため、よくハチと誤認される。世界中に分布しているが、熱帯には、同一地域にすむ大形で美麗なハチとよく似た種が分布している。
 日本産として知られているものは25種ある。幼虫は、樹木、草本、つる植物の幹、茎、枝などにトンネルを掘って内部を食べる。害虫として注目されるのは、カシコスカシバ(カシワそのほかのブナ科植物)、コスカシバ(サクラ、ウメ、モモ、リンゴ)、カシワスカシバ(カシワ、クリ)、ブドウスカシバ(ブドウ、エビヅル)。ハチ類とこの科のガ類とが擬態関係にあって、同一地域に、外見上よく似たハチとスカシバガがすんでいれば、毒針をもつハチがモデルとなりスカシバガがこれに擬態することによって、生命の安全がある程度保証されることになろう。コシアカスカシバはアシナガバチの仲間と非常に似ているが、それがはたして利益になっているかどうか、擬態についてはまだ実証されていない。[井上 寛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スカシバガの関連キーワード蝙蝠蛾尺蛾透翅蛾毒蛾虎蛾雀蛾オオスカシバ(大透翅)キバガ(牙蛾)ヒゲナガガ(髭長蛾)ブドウスカシバ(葡萄透翅)

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone