コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スケジュール闘争 スケジュールとうそう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スケジュール闘争
スケジュールとうそう

日本労働組合総評議会 (総評) や中立労働組合連絡会議 (中立労連) などの労働組合が 1955年以来春の賃上げ闘争 (いわゆる春闘) で採用している闘争方式。通常の労使紛争では団体交渉が先行し,これによって解決をみない場合にストライキに突入するが,スケジュール闘争ではストライキを打つ時点を先に設定し,これを目標にして行動のスケジュールを組む。団体交渉の成否にかかわりなく,先にストライキのスケジュールを決定し,労働組合の諸活動を規定していくのでこの名がある。近年,労働組合の組織率低下などの変化のなかで,「ストなし春闘」など春闘の内容も変化が著しい。 87年に発足した日本労働組合総連合会 (連合) は「春闘」を「春季生活闘争」と呼び名を変え,日本経営者団体連盟 (日経連) も「春季労使交渉」と呼び変えている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

スケジュールとうそう【スケジュール闘争】

労働組合運動で、ストライキなどの行動スケジュールを組み、それを圧力にしながら行う団体交渉。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

スケジュール闘争の関連キーワード労働組合運動社会運動

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android