コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スコリア丘 スコリアキュウ

3件 の用語解説(スコリア丘の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

スコリア‐きゅう〔‐キウ〕【スコリア丘】

スコリアが火口の周りに降り積もってできた火砕丘。主に玄武岩安山岩の溶岩による噴火活動によって形成される。阿蘇山の米塚や伊豆半島大室山が有名。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

岩石学辞典の解説

スコリア丘

火山岩屑のみよりなる円錐形火山で,一般に規模が小さく大きな火山の寄生火山として形成される[Cotton : 1944].スコリアは多孔質鉱滓状で見かけ比重の小さい一般に黒または暗褐色の火山砕屑物である.噴石丘(cinder cone)と同じ.

出典|朝倉書店
岩石学辞典について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スコリア丘
スコリアきゅう

岩滓丘」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のスコリア丘の言及

【火山】より

…その群には,(1)側火山群や後カルデラ丘群(中央火口丘群)などのように複成火山に付随したり,その一時期を示すもの,(2)複成火山とは無関係で単成火山だけで群をなすもの,の2種がある。(2)の例は男鹿半島の一ノ目潟,二ノ目潟などの目潟群(マール群),伊豆半島東部やフランスのオーベルニュにあるスコリア丘,溶岩円頂丘,マールなどの火山群など,大陸地域や島弧の内側に多い。このようなものを独立単成火山群と呼ぶ。…

【砕屑丘】より

…一般に基底直径1km以下,比高200m以下と小型で,1輪廻の噴火で側火山や中央火口丘として生じるが,群在する例もある。火山砕屑物の種類によってスコリア丘(噴石丘),軽石丘,火山灰丘に三大別される。この順序で,山腹傾斜が減少し(スコリア丘で約30度),また火口が相対的に大きく,爆発程度が強く,個数が少なくなる。…

※「スコリア丘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スコリア丘の関連情報