寄生火山(読み)きせいかざん

日本大百科全書(ニッポニカ)「寄生火山」の解説

寄生火山
きせいかざん

大きい火山(おもに成層火山や楯状(たてじょう)火山)の山腹からの噴火によって、こぶのように生じた火山。側火山または側火口ともいう。玄武岩質火山の寄生火山は砕屑(さいせつ)丘(火砕丘、スコリア丘)が、安山岩質火山の寄生火山は溶岩円頂丘が多い。

 寄生火山の数は火山によって違うが、流動性に富む溶岩を出す大型火山ほど概して多い。また、寄生火山が特定の方向に密集することがある。日本で寄生火山が多いのは富士山の70余で、その過半数は、山頂を通る北北西―南南東の方向(フィリピン海プレートの進む方向)に分布している。さらに、イタリアのエトナ火山には寄生火山が約250もある。

[諏訪 彰・中田節也]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「寄生火山」の解説

寄生火山
きせいかざん
parasitic volcano

大きな火山側面に付随して生じた小火山体。側火山ともいう。マグマ地表に導く火道が分岐して側方に別の噴出口を生じたり,主火道の位置が移動したりして形成される。単成火山が多い。マウナケアなどのハワイ諸島の火山や富士山に多くみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「寄生火山」の解説

きせい‐かざん ‥クヮザン【寄生火山】

〘名〙 大きな火山の中腹や山麓に新しくできた小火山。富士山における宝永山、浅間火山における小浅間山など。側火山(そくかざん)。〔英和和英地学字彙(1914)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の寄生火山の言及

【側火山】より

…成層火山,ハワイ型楯状火山などの大型の複成火山山腹に,あたかも寄生したように生じている小型火山。寄生火山parasitic volcanoという言葉も使われたが,現在では成因を含まない名称の側火山が多用される。側火山はスコリア丘,溶岩円頂丘,軽石丘,マールなど,ほとんどの場合1輪回(りんね)の噴火だけを行って生じた単成火山である。…

※「寄生火山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android