コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スタッケンバーグ スタッケンバーグ Stuckenberg, John Henry Wilbrandt

2件 の用語解説(スタッケンバーグの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スタッケンバーグ
スタッケンバーグ
Stuckenberg, John Henry Wilbrandt

[生]1835.1.6. ハノーバー
[没]1903.3.28. ロンドン
ドイツ生れのアメリカの社会学者。ルター派の牧師。 1873~80年オハイオ州ウィッテンバーグ・カレッジの教授。次いでドイツにおもむき 80~94年ベルリンアメリカンチャーチの教師。 94年帰国。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スタッケンバーグ
すたっけんばーぐ
John Henry Stuckenberg
(1835―1903)

アメリカの社会学者。ドイツに生まれたが幼少時にアメリカに移り、ウィッテンバーグ大学を卒業し、ドイツのゲッティンゲン、ベルリンの諸大学で神学を学んだ。ルター派の牧師を務め、ウィッテンバーグ大学の教授に就任したが、やがてキリスト教社会主義の影響のもとに、社会問題への関心から社会学に転じた。社会現象を生じさせる原動力として、個人の心理学的な力に発する社会力を考え、社会過程の分析に重点を置く心理学的な社会学理論を提唱するとともに、ドイツ文化のアメリカへの導入にも貢献した。主著には『社会問題』(1897)、『人間の学としての社会学』(1903)などがある。[居安 正]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スタッケンバーグの関連キーワードハノーバーハノーバー朝レーバースノーバードハノーバーシュミュンデンPCサーバーハノーヴァー・バンドハノーバー派トーリーマニューバーハノーバー種 (Hanoverian)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone