コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スタッケンバーグ スタッケンバーグStuckenberg, John Henry Wilbrandt

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スタッケンバーグ
Stuckenberg, John Henry Wilbrandt

[生]1835.1.6. ハノーバー
[没]1903.3.28. ロンドン
ドイツ生れのアメリカの社会学者。ルター派の牧師。 1873~80年オハイオ州ウィッテンバーグ・カレッジの教授。次いでドイツにおもむき 80~94年ベルリンのアメリカン・チャーチの教師。 94年帰国。神学の研究から社会学の研究に転じ,社会を成立発展させる力として社会力の概念を採用。主著『キリスト教社会学概論』 Christian Sociology (1880) ,『社会学』 Sociology: the Science of Human Society (2巻,1903) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スタッケンバーグ
すたっけんばーぐ
John Henry Stuckenberg
(1835―1903)

アメリカの社会学者。ドイツに生まれたが幼少時にアメリカに移り、ウィッテンバーグ大学を卒業し、ドイツのゲッティンゲン、ベルリンの諸大学で神学を学んだ。ルター派の牧師を務め、ウィッテンバーグ大学の教授に就任したが、やがてキリスト教社会主義の影響のもとに、社会問題への関心から社会学に転じた。社会現象を生じさせる原動力として、個人の心理学的な力に発する社会力を考え、社会過程の分析に重点を置く心理学的な社会学理論を提唱するとともに、ドイツ文化のアメリカへの導入にも貢献した。主著には『社会問題』(1897)、『人間の学としての社会学』(1903)などがある。[居安 正]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

スタッケンバーグ

生年月日:1835年1月6日
ドイツ生まれのアメリカの社会学者
1903年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

スタッケンバーグの関連キーワードアメリカ生年月日

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android