コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

社会力 しゃかいりょく social forces

2件 の用語解説(社会力の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

社会力
しゃかいりょく
social forces

社会的行動,社会現象の原因と考えられる概念。 19世紀末から 20世紀初頭にかけて,アメリカの社会学者 L.F.ウォード,E.ロスらが用いた概念で,人間の衝動,欲望,関心などの生理的,心理的概念を,あらゆる人間の行動の根底に横たわる原動力,すなわち社会力として分析し,社会学を心理学的立場から基礎づけようとした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

社会力
しゃかいりょく
social forces

アメリカの社会学者ウォードらの用いた概念。ウォードは、コントから社会静学社会動学の区別を受け入れ、スペンサーから決定論的・進化論的な見解を継承して、宇宙論的・進化論的な哲学を構想した。それによると、宇宙を動かす普遍的な力universal forcesが社会に現れたのが社会力で、この社会力は次のものからなるとした。まず本質的な力と非本質的な力とが区別され、本質的な力は、個体発生的・保存的な力と、系統発生的・再生的な力とに分けられる。前者は積極的な快楽を求める力と否定的な苦痛を避ける防御的な力が、後者は直接的には性的で好色な欲望と間接的には親子と血縁との愛情とがあげられる。非本質的な力としては、審美的な力、感情的(道徳的)な力、知的な力とがあげられる。本質的な力は肉体的な力であり、非本質的な力は精神的な力であるが、ウォードにとっては、精神的な力が本来的に「社会発生的」であり、社会は「心的諸要因の働き」と定義される。[古賀英三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

社会力の関連キーワード社会的リスク社会的行為文化社会学社会現象社会的社会的行動障害アナフィラキシー様現象異性凝集現象《社会的行為の構造》社会的遊戯行動 (social ーparallelー play behaviour)

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

社会力の関連情報