コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スタンコビッチ スタンコビッチ Stanković, Bora Borisav

2件 の用語解説(スタンコビッチの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スタンコビッチ
スタンコビッチ
Stanković, Bora Borisav

[生]1876.3.22. ブラニェ
[没]1927.10.22. ベオグラード
セルビアの小説家。自然主義の代表作『汚れた血』 Nečista krv (1910) などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

スタンコビッチ【Borisav Stanković】

1875‐1927
ユーゴスラビアの小説家,戯曲家。セルビア南部ブラニエの生れ。ベオグラードで法律を学び,さまざまな職種の官吏になった。東洋的な色彩に富んだ故郷をしのび,リアリズムセンチメンタリズムの混合した筆致で,特に肉感的な女性を好んで描いた。なかでも,《汚れた血》(1910)の忌まわしい婚姻制度の犠牲者ソフカ,戯曲《コシュタナ》(1902)のジプシーの歌姫コシュタナは特に有名である。【田中 一生】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のスタンコビッチの言及

【ユーゴスラビア】より

… 近代に入ると,リュブリャナの市民はユルチッチの悲劇《トゥゴメル》(1876)や《ベロニカ》(1886)に涙し,ツァンカルの社会劇《ヤコブ・ルーダ》(1900)や《ベタイノバの王》(1902)によって愛国心と正義心を培った。ベオグラードの劇場では,トルコ色豊かなセルビア南部を舞台にジプシーの歌姫が恋のたくらみを繰りひろげるスタンコビッチの《コシュタナ》(1902)が人気を博し,ヌシッチの《怪しい奴》(1888)や《大臣夫人》(1931)も,官僚主義や成上り者を皮肉って人々の溜飲を下げた。サラエボの人々はコチッチPetar Kočić(1877-1916)の《むじな裁判》(1904)を見ながら,オーストリアの官僚主義を心ゆくまで笑いとばした。…

※「スタンコビッチ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

スタンコビッチの関連キーワードセルビアセルビアモンテネグロSerbiaMontenegroセルビアン・トリコロール・ハウンドユーゴスラビアン・トライカラード・ハウンドユーゴスラビアン・マウンテン・ハウンドユーゴスラビア王国ユーゴスラビア共産党《ユーゴスラビア百科事典》ユーゴスラビア民族運動連合

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スタンコビッチの関連情報