コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スタンコビッチ スタンコビッチStanković, Bora Borisav

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スタンコビッチ
Stanković, Bora Borisav

[生]1876.3.22. ブラニェ
[没]1927.10.22. ベオグラード
セルビアの小説家。自然主義の代表作『汚れた血』 Nečista krv (1910) などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スタンコビッチ【Borisav Stanković】

1875‐1927
ユーゴスラビアの小説家,戯曲家。セルビア南部ブラニエの生れ。ベオグラードで法律を学び,さまざまな職種の官吏になった。東洋的な色彩に富んだ故郷をしのび,リアリズムとセンチメンタリズムの混合した筆致で,特に肉感的な女性を好んで描いた。なかでも,《汚れた血》(1910)の忌まわしい婚姻制度の犠牲者ソフカ,戯曲《コシュタナ》(1902)のジプシーの歌姫コシュタナは特に有名である。【田中 一生】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のスタンコビッチの言及

【ユーゴスラビア】より

… 近代に入ると,リュブリャナの市民はユルチッチの悲劇《トゥゴメル》(1876)や《ベロニカ》(1886)に涙し,ツァンカルの社会劇《ヤコブ・ルーダ》(1900)や《ベタイノバの王》(1902)によって愛国心と正義心を培った。ベオグラードの劇場では,トルコ色豊かなセルビア南部を舞台にジプシーの歌姫が恋のたくらみを繰りひろげるスタンコビッチの《コシュタナ》(1902)が人気を博し,ヌシッチの《怪しい奴》(1888)や《大臣夫人》(1931)も,官僚主義や成上り者を皮肉って人々の溜飲を下げた。サラエボの人々はコチッチPetar Kočić(1877-1916)の《むじな裁判》(1904)を見ながら,オーストリアの官僚主義を心ゆくまで笑いとばした。…

※「スタンコビッチ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

スタンコビッチの関連キーワードおもなお雇い外国人リットン秋月の乱アトランタ・ブレーブスエジソン(アメリカの発明家)シカゴ・カブスシンシナティ・レッズスラブ音楽アブデュルハミト[2世]ロダン

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スタンコビッチの関連情報