コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ステパーノフ ステパーノフ Stepanov, Onufrii

2件 の用語解説(ステパーノフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ステパーノフ
ステパーノフ
Stepanov, Onufrii

[生]?
[没]1658
アムール川流域の経略に活躍したコサック隊長。 E.ハバロフの開拓したレナ川の支流オレクマ川からアムール川の支流ウルカ川に通じる交通路防衛のためウルカ川の河口にコマルスキー城塞村を築いた (1654) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ステパーノフ
すてぱーのふ
Павел Иванович Степанов Pavel Ivanovich Stepanov
(1880―1947)

ソ連の鉱床学者。サンクト・ペテルブルグの鉱山大学を卒業後、地質学研究所に勤務し、石炭の研究に専念した。ドンバス炭田の地質調査と開発に貢献し、炭田の空間的分布法則を明らかにしている。1939年に非金属鉱床地質学の業績で科学アカデミー正会員に選ばれた。著書に『石炭と油母頁岩(ゆぼけつがん)の地質学』(ミロノフStepan I. Mironov(1883―1959)と共著・1937)や『地球上における石炭資源の層位学的古地理学的分布についての若干の法則性』(1939)などがある。[大森昌衛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ステパーノフの関連キーワードアムール川階乗Nアムールアムール虎アムール川鉄橋アムール鉄橋アムール橋ハバロフスク橋Diaz de la Peña,N.

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone