コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ステビーン ステビーンStevin(Stevinus), Simon

1件 の用語解説(ステビーンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ステビーン
Stevin(Stevinus), Simon

[生]1548. ブリュッヘ
[没]1620. ハーグ/ライデン
オランダの数学者,物理学者,軍人。交通輸送に腕をふるった主計将校であったが,同時に水攻めによる祖国防衛計画の立案などの軍略家でもあり,数々の発見や静力学の基礎をつくったことで知られた。 1585年に数ページの小冊子『十分の一』 La Thiendeによって十進小数の理論を提唱,また『静力学および静水力学』 De Beghinselen des Waterwichts (1586) では,力のベクトル合成の概念,容器内の水圧が容器の形によらず水面からの深さのみによること,が述べられている。また重さの異なる物体の落下時間がほぼ等しく,伝統的なアリストテレスの落下理論が誤りであることを実験に基づいて報告している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ステビーンの関連キーワード十三陵フランス演劇お万の方ステフィン万暦帝プリマスドゥラード尚寧万暦帝岩手の葉タバコ生産

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone