コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ステファヌス6世(7世) ステファヌスろくせい[ななせい]Stephanus VI (VII)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ステファヌス6世(7世)
ステファヌスろくせい[ななせい]
Stephanus VI (VII)

[生]?. ローマ
[没]897.7./897.8. ローマ
ローマ出身の第113代教皇(在位 896~897)。当時イタリアの支配権を争っていたスポレト公(→スポレト)の親族。かつて教皇フォルモスス(在位 891~896)が,スポレト公グィード(グィード2世)の息子ランベルトに西ローマ帝国の共同皇帝として戴冠しながら,のちにそれを見捨て,東フランク王アルヌルフ(在位 887~899)を西ローマ皇帝として戴冠したことから,スポレト派はフォルモススに激しい敵愾心をもっていた。897年,ステファヌス6世(7世)はフォルモススに対する報復として,9ヵ月前に埋葬された遺体を掘り起こして「死体会議」を開催した。遺体に法衣を着せ,教皇の椅子に座らせて形式的な裁判にかけ,フォルモススの教皇位を無効とし,さらに遺体をテベレ川へ投げ込むよう命じた。しかしその数ヵ月後,暴動により教皇位から引き降ろされて投獄,絞殺された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ステファヌス6世(7世)の関連キーワードボニファチウス6世テオドルス2世セルギウス3世ヨハネス9世ロマヌス

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android