コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ステファヌス6世(7世) ステファヌスろくせいななせい Stephanus VI (VII)

1件 の用語解説(ステファヌス6世(7世)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ステファヌス6世(7世)
ステファヌスろくせいななせい
Stephanus VI (VII)

[生]?. ローマ
[没]897.7./897.8. ローマ
ローマ出身の第113代教皇(在位 896~897)。当時イタリアの支配権を争っていたスポレト公(→スポレト)の親族。かつて教皇フォルモスス(在位 891~896)が,スポレト公グィード(グィード2世)の息子ランベルトに西ローマ帝国の共同皇帝として戴冠しながら,のちにそれを見捨て,東フランクアルヌルフ(在位 887~899)を西ローマ皇帝として戴冠したことから,スポレト派はフォルモススに激しい敵愾心をもっていた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ステファヌス6世(7世)の関連キーワードリーマン幾何学ローマンローマ宣言ローマナイズローマ教会ローマ風呂ローマンノーズローマの泉ローマの祭ローマの祭り