ストリキニーネ中毒(読み)ストリキニーネちゅうどく(英語表記)strychinine poisoning

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ストリキニーネ中毒
ストリキニーネちゅうどく
strychinine poisoning

ストリキニーネ (あるいはストリキニン) は植物に含まれるアルカロイドで,医薬品として使用されることはほとんどない。数 mgの投与で感覚が鋭敏になり,10~20mgで振戦,呼吸困難,不安感が起り,次いで筋肉が強直し,ついには破傷風の場合のような,体幹が弓なりにそる反弓緊張を起す。顔面のチアノーゼ,血圧上昇などがみられ,呼吸停止して窒息死する。すみやかに胃洗浄,下剤,輸液などで毒物を体外に排泄させ,バルビタール剤などを投与する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android