コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ストリキニーネ中毒 ストリキニーネちゅうどく strychinine poisoning

1件 の用語解説(ストリキニーネ中毒の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ストリキニーネ中毒
ストリキニーネちゅうどく
strychinine poisoning

ストリキニーネ (あるいはストリキニン) は植物に含まれるアルカロイドで,医薬品として使用されることはほとんどない。数 mgの投与で感覚が鋭敏になり,10~20mgで振戦,呼吸困難,不安感が起り,次いで筋肉が強直し,ついには破傷風の場合のような,体幹が弓なりにそる反弓緊張を起す。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ストリキニーネ中毒の関連キーワード強精剤限界デキストリンストリキニンストリキニーネストリングビキニ馬銭サントリーリキュール スクエアリキニウス法スキニーマストスピードボール (speed ball)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone