コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ストリキニーネ中毒 ストリキニーネちゅうどくstrychinine poisoning

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ストリキニーネ中毒
ストリキニーネちゅうどく
strychinine poisoning

ストリキニーネ (あるいはストリキニン) は植物に含まれるアルカロイドで,医薬品として使用されることはほとんどない。数 mgの投与で感覚が鋭敏になり,10~20mgで振戦,呼吸困難,不安感が起り,次いで筋肉が強直し,ついには破傷風の場合のような,体幹が弓なりにそる反弓緊張を起す。顔面のチアノーゼ,血圧上昇などがみられ,呼吸停止して窒息死する。すみやかに胃洗浄,下剤,輸液などで毒物を体外に排泄させ,バルビタール剤などを投与する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ストリキニーネ中毒の関連キーワードストリキニーネメフェネシンクラーレ痙攣

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android