コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ストロマトポラ Stromatopora

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ストロマトポラ
Stromatopora

刺胞動物門ヒドロ虫綱に属すと考えられる化石動物の一群で,層孔虫目の中の代表的な属。群体の形は円錐形,半球形,樹枝状,塊状,根状など変化に富み,1mに達するものもある。共有骨格は顕著な縦の柱状要素と簡単な薄層からなり,くっつき合って網目状を呈していくという一般的傾向があり,縦の柱状要素の間を仕切る板床がある。共有骨格の表面や内部に放射状の溝,星形溝があることが多い。骨格の微細構造は古生代種では均質型,中生代種では繊維状。古生代オルドビス紀から中生代白亜紀まで生息し,古生代シルル紀からデボン紀,中生代ジュラ紀に繁栄した。日本でも各地で発見されている。なお,層孔虫類の星形溝が海綿動物特有の構造である水溝系の出口に似ていることから,この仲間の起源はヒドロ虫類ではなく,海綿類とする説もある。(→化石刺胞動物

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ストロマトポラ
すとろまとぽら

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ストロマトポラの関連キーワード鳥ノ巣動物群鳥巣式石灰岩

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android