コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

層孔虫 ソウコウチュウ

世界大百科事典 第2版の解説

そうこうちゅう【層孔虫】

古生代,中生代のみに知られる絶滅した海生動物で,その高次分類上の位置がまだ明確にされていない稀有なグループStromatoporoideaである。海綿動物に含める意見と腔腸動物とみなす意見がある。オルドビス紀から石炭紀にかけて産出する古生代型と,三畳紀から白亜紀にかけて産出する中生代型に分けられる。石灰質の骨格をもち,石灰岩に多産する。特に化石礁を構成する最も重要な造礁生物の一つとして知られ,示相化石としての価値が大きい。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

層孔虫
そうこうちゅう
stromatoporoid
[学]Stromatoporoidea

石灰質の共有骨をもつ化石動物で、ストロマトポラないしストロマトポロイドともよぶ。その群体の外形は円錐(えんすい)状、半球状、樹枝状、塊状、皮殻状をなし、大きなものは数メートルに達するものがあった。共有骨は垂直な柱状のピラーpillar(支柱)と水平なラミナlamina(葉理)の2要素よりなり、これらの配列、密度、厚さなどにより属種が区別される。また共有骨の表面および内部には、層孔虫特有の星形放射状の星状溝の現れることがある。
 層孔虫の所属についてはいままで多くの説があり、そのなかでヒドロ虫類起源説が一般的であった。ところが、海綿動物の硬骨海綿のあるものの溝系(こうけい)(流水系。体内に海水を流通させて摂食や消化などを行う海綿特有の組織系)の出口が、層孔虫特有の星形の溝によく似ているという発見があり、海綿起源説が有力になった。古生代前期から中生代後期まで生存したが、古生代シルル紀からデボン紀にかけてと中生代のジュラ紀に繁栄のピークがあり、標準化石となっているものも多い。わが国でもこの両時期の礁性堆積(たいせき)物中に多数発見されている。
 古生代のものにはクラスロディクチオン、アクチノストロマなど、中生代のものにはパラストマトポラ(もとはストロマトポラStromatoporaとされたが、この属名は現在は古生代のもののみに使われる)、ミレポリジウムその他が知られている。[藤山家徳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

層孔虫の関連キーワードスポンジオモルファ類ボール・ストーンバイオハームファボシテス鳥ノ巣動物群鳥巣動物群シルル紀デボン紀横倉山腔腸

今日のキーワード

イラク日報

2004~06年に陸上自衛隊がイラク復興支援活動に派遣された際の活動報告。04年1月20日~06年9月6日の計435日分が、計1万4,929ページに渡って記されている。陸上自衛隊が08年にまとめた「イ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android