コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スニガ Zuñiga, Pedro de

2件 の用語解説(スニガの意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

スニガ Zuñiga, Pedro de

?-1622 スペインの宣教師。
アウグスチノ会士。元和(げんな)4年(1618)来日したが,キリシタン禁制のためいったんマニラにもどる。6年ふたたびフロレスとともに平山常陳(じょうちん)の船で日本にむかったが,イギリス船に捕らえられて,平戸のオランダ商館に拘禁され,元和8年7月13日長崎で火刑に処された。セビリア出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

スニガ

没年:元和8.7.13(1622.8.19)
生年:生年不詳
アウグスチノ会宣教師。殉教者スペインのセビリア生まれ。1618(元和4)年来日。翌年マニラに戻り,1620年ドミニコ会士フロレスと共に平山常陳の船で日本に密航する途中,台湾沖で英蘭連合艦隊に捕らえられた。平戸のオランダ商館内に2年余り拘禁され,宣教師であることが発覚して常陳らと共に長崎で火刑に処された。この事件は,のちの長崎西坂での55人の元和大殉教につながる。<参考文献>コリャド著,井手勝美訳『日本キリシタン教会史補遺』

(浅見雅一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スニガの関連キーワードアンヘレスゲバラフロレスメンドサオヤングレン聖アウグスティヌス修道院エルナンド=デ=サン=ホセ=アヤラ太田アウグスチノトマス=デ=サン=アウグスチノフランシスコ=デ=ヘスース

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スニガの関連情報