コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スパティフィラム Spathiphyllum; spathe flower

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スパティフィラム
Spathiphyllum; spathe flower

サトイモ科のスパティフィラム属の総称。熱帯アメリカに約 30種,熱帯アジアに数種が分布する多年草。葉は披針形で長い葉柄をもち,地ぎわから叢生する。茎頂に肉穂花序をつけ,白い仏炎包がそれを包む。つやのある濃緑色の葉と,白い仏炎包の対比が美しく,観葉植物として鉢植えが出荷される。仏炎包はやがて緑に変色する。園芸品種としては,ハワイで育成された`マウナ・ロア'から国内で選抜された`メリー'や`ミニメリー'などが多く流通する。耐陰性があるため室内でも育てやすいが,日に当てないと花つきは悪くなる。冬期は明るい室内に取込む。高温多湿を好むが,5℃以上あれば越冬できる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

スパティフィラム(〈ラテン〉Spathiphyllum)

サトイモ科の多年草。コロンビア原産で、観賞用。ミズバショウに似た花茎に白い苞(ほう)のある花を咲かせる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

スパティフィラム【Spathiphyllum】

サトイモ科の常緑多年草。熱帯アメリカなどに30種ほどが知られる。花は特有の芳香があり、純白色の仏炎苞と濃緑色の光沢ある葉を観賞する。花期は春から秋。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スパティフィラム
すぱてぃふぃらむ
[学]Spathiphyllum

サトイモ科の多年草。熱帯アメリカのほかマレー半島に30種分布する。茎は無茎または短茎。よく栽培されるのはメリー種とマウナロア種で、濃緑色で光沢のある笹(ささ)形の葉を叢生(そうせい)する。花形は同じくサトイモ科のアンスリウムに似ており、ハッカに似た香りがある。春から秋、白色の仏炎包をもつ白色の花穂をつける。腐葉土を主体とした軽い用土で、4号、5号鉢に植える。春から初秋は日陰に置き、冬は15℃以上で育てる。夏季は水を多くやる。繁殖は株分けで、6~7月が適期である。[坂梨一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

スパティフィラムの関連キーワード仏炎苞芳香花期

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android