スパーク光源(読み)スパークこうげん(英語表記)spark light source

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スパーク光源
スパークこうげん
spark light source

低圧でガスを封入した放電管。対向した電極をもつ真空放電管に1万~1万 5000V程度の高圧を瞬間的にかけると,発生した電子やイオンが次々になだれ的に電離作用を起して (→電子なだれ ) 強い光を発し,スパーク放電特有のイオンのスペクトルが強く出る。適当なスパーク放電を行えば,真空紫外線の連続光源として使用できる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android