コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スパーク光源 スパークこうげんspark light source

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スパーク光源
スパークこうげん
spark light source

低圧でガスを封入した放電管。対向した電極をもつ真空放電管に1万~1万 5000V程度の高圧を瞬間的にかけると,発生した電子やイオンが次々になだれ的に電離作用を起して (→電子なだれ ) 強い光を発し,スパーク放電特有のイオンのスペクトルが強く出る。適当なスパーク放電を行えば,真空紫外線の連続光源として使用できる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android