コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

発光分光分析 はっこうぶんこうぶんせき emission spectrochemical analysis

3件 の用語解説(発光分光分析の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

発光分光分析
はっこうぶんこうぶんせき
emission spectrochemical analysis

放電や炎中で試料を発光させ,分光器によってそのスペクトルを調べ,試料中に含まれている元素の種類やその含有量を定量的に測定する分析法。カントメータ呼ばれる一種の分光光度計がよく用いられ,あらかじめ特定元素の含有量のわかっている標準試料との比較で定量される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

発光分光分析

 発光スペクトル分析ともいう.電気的方法.熱的方法などによって金属,イオン,分子などを高温の媒体中で励起し,高いエネルギー状態から基底状態に戻る過程で放出される発光スペクトルを分光器で分析して定量や定性を行う方法.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

発光分光分析
はっこうぶんこうぶんせき
emission spectrochemical analysis

熱や電気などのエネルギーを試料に与えて試料を励起し、その際に発する発光スペクトルを分光器や分光計で分光し、原子、イオン、分子などのスペクトルの波長から定性分析をし、またその強度から定量分析を行う方法。普通は励起にアークスパークなどの放電を利用する場合に限ってよばれることが多い。この場合、試料をそのまま電極にするか、粉末試料の場合には、試料を黒鉛補助電極の上端の凹(くぼ)みに詰めて、対極との間で放電を行う。アーク放電は、試料の蒸発作用が大きいことから、高感度で、微量分析に優れ、スパーク放電は蒸発作用が小さく、試料電極の変形が少ないので、長時間安定な放電が行え、金属試料の迅速定量に適している。また、励起に高周波放電を利用する方法があり、その一つの型である誘導結合プラズマ発光分光分析法は主として溶液試料の分析に使われている。そのほか励起に中空陰極放電、無電極放電、グリム放電などの各放電を利用する方法や、化学的燃焼によって生ずる炎の熱を利用する炎光(えんこう)分光分析法なども同一原理に基づく発光分光分析である。[高田健夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の発光分光分析の言及

【分光分析】より

…吸収分光法による定量分析は,この法則を用い,吸収ピークの高さの対数をとることによって行われる。
[発光分光分析emission spectrochemical analysis]
 光放出による分光分析をいうが,単に発光分析ともいう。この方法で用いる装置は,試料部が光源と同一である点以外は,吸収分光分析で用いるものと本質的に変わるところがない。…

※「発光分光分析」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

発光分光分析の関連キーワード炎光分光分析水銀灯直視分光器発光器官格子分光器発光器発光体分光光度計HCFL吸光光度法

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

発光分光分析の関連情報