コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スベトカゲ スベトカゲ Scincella reevesii; Asiatic brown skink

3件 の用語解説(スベトカゲの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スベトカゲ
スベトカゲ
Scincella reevesii; Asiatic brown skink

トカゲ目トカゲ科。体長 10cmぐらいの小型のトカゲ。背面は光沢のある褐色で,体側に黒い縦条がある。四肢は細くて短いが,指は完全。林の辺縁部などに多い。東アジアに広く分布し,いくつかの地方型に分れる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

スベトカゲ【brown skink】

爬虫綱スキンク科のトカゲのうち小型で体鱗の滑らかなものの一群。170種以上を含む大きなグループで,分類がむずかしく研究者によって諸説がある。アジアアフリカオーストラリア北アメリカに広く分布し,全長10~30cmくらい。胴は円筒形で細長く,四肢が退化してひれ状になったものもある。日本には4種が分布し,対馬産のツシマスベトカゲScincella vandenburghiと宮古島,八重山列島産のサキシマスベトカゲS.boettgeriは,ともに全長13cm以下の小型。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スベトカゲ
すべとかげ
brown skink

爬虫(はちゅう)綱有鱗(ゆうりん)目スキンク科スベトカゲ亜科に属するトカゲの総称。この亜科Lygosominaeの仲間は、アジア、アフリカ、オーストラリア、北アメリカに170種以上が分布し、全長10~30センチメートルほどと小形で体鱗が滑らかである。胴は円筒状で細長く、一部では四肢が退化してひれ状となる。日本には3属4種が分布し、そのうち八重山(やえやま)列島産のサキシマスベトカゲScincella boettgeriと対馬(つしま)産ツシマスベトカゲS. vandenburghiの下眼瞼(がんけん)の一部は、透明な膜質の鱗(うろこ)である「窓」discとなっている。ヘリグロヒメトカゲAteuchosaurus pellopleurusは南西諸島に広く分布している。全長が12センチメートルほどの小形な種である。[松井孝爾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スベトカゲの関連キーワードアオジタトカゲ足無蜥蜴大蜥蜴角蜥蜴スキンク蜥蜴毒蜥蜴トカゲのすむしまツノトカゲ(角蜥蜴)トカゲ(蜥蜴)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone