コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スホクラント Schokland

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スホクラント
Schokland

オランダ中部,フレフォラント州にある干拓地域。かつてはゾイデル海に突き出た半島であったが,海水による浸食と高潮時の洪水で 15世紀までに島となった。 18世紀末オランダ政府水利省が設置され,1920年土木技師から建設大臣に抜擢されたコルネリス・レーリーによって本格的な干拓工事が始まった。 1932年,フリースラント州ノールトホラント州を結ぶ大堤防が完成しゾイデル海はアイセル湖となり,1970年全工事を終え広大な耕地が誕生した。一方で,マンモスオオジカの骨をはじめ氷河期の化石,旧石器時代の居住跡,石器,農工具など,厳しい自然環境と戦いながら進化してきた様子を物語る貴重な資料が発掘された。 1995年世界遺産の文化遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

スホクラント(Schokland)

アムステルダムの北東約60キロメートルにある干拓地。もと半島だったところが海水の浸食によって島となり、さらに浸食が進んで島が水没しそうになったため、1920~1930年代にアフスライト大堤防を築いて海水の浸入を防いだ。この工事によってアイセル湖ができた。干拓の歴史を示す博物館も作られている。1995年に「スホクラントとその周辺」として世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android