浸入(読み)しんにゅう

精選版 日本国語大辞典「浸入」の解説

しん‐にゅう ‥ニフ【浸入】

〙 水などがはいり込むこと。ひたし入ること。
※仮名の会の問答(1883)〈大槻文彦〉「生が不便利の説は到底、君の、脳漿にも浸入し了りたるを知る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「浸入」の解説

しん‐にゅう〔‐ニフ〕【浸入】

[名](スル)水などが入り込むこと。「船体の割れ目から海水が浸入する」
[類語]進入入り込む潜り込む忍び込む忍び入る紛れ込む割り込む分け入る潜入侵入闖入ちんにゅう流入深入り乱入侵す侵害侵略侵寇侵犯突入侵攻切り込む踏み込む乗り込む立ち入る押し入る駆け込む走り込む押し込む繰り込む上がり込む舞い込む足を踏み入れる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ツール・ド・フランス

フランスを舞台にした国際的規模のロードレース (→自転車競技 ) 。 1903年,フランス人の自転車選手兼ジャーナリストのアンリ・デグランジュが創設。以来,2度の世界大戦時以外は毎年開催されており,フ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android