スメルハラスメント(読み)すめるはらすめんと

知恵蔵mini「スメルハラスメント」の解説

スメルハラスメント

体臭や口臭など臭いによって周囲に不快感を与えること。通称スメハラ」。ハラスメント(嫌がらせ)と称されているが、臭いを発する本人は無自覚なことが多いため嫌がらせとは言い難い。2005年に歯周病菌の殺菌薬を開発したパーフェクトペリオ株式会社が10年に行った調査で、9割以上の人が「社内に口臭が気になる人がいる」と答えた。この頃からスメルハラスメントとの言葉が流布し始めたとみられる。当初は男性の体臭・口臭に対して使われることが多かったが、13年現在、女性の強い香水の臭いや高齢者の加齢臭なども対象となっている。

(2013-8-1)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

デジタル大辞泉「スメルハラスメント」の解説

スメル‐ハラスメント

《〈和〉smell+harassment》においによって他人に不快感を与えること。ふつう、強い体臭や口臭、過剰な量の香水など、身体から発するにおいによるものをいう。スメハラ。
[補説]「アルコールハラスメント」「セクシュアルハラスメント」などからの造語とみられるが、他の語と異なり、本人に嫌がらせの意図はない場合が多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android