コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

発煙筒 はつえんとうsmoke candle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

発煙筒
はつえんとう
smoke candle

遮蔽用の煙幕信号用の煙を出す道具。四塩化炭素亜鉛末黄リンなどの発煙剤を主体に,ケイ藻土などの熱の不良導体と色素を混和したものを,ブリキなどの円に詰め,点火剤をつける。現在では多様な色彩の添加が可能になっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

はつえん‐とう【発煙筒】

発煙剤を筒に詰めたもの。煙を発生させて信号・煙幕などに使用する。「発煙筒をたく」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はつえんとう【発煙筒】

四塩化炭素と亜鉛末・酸化亜鉛など発煙剤を筒に入れたもの。点火すると多量の煙を噴き出す。信号や煙幕などに用いる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の発煙筒の言及

【煙幕】より

…戦場で敵の視察を制限して敵の行動を妨害し,みかたの行動を有利にするために人工的に展張する煙。現在多用されている発煙器資材としては,発煙油を高温で煙霧化し長時間連続して煙を発生させる発煙機,六塩化エタン,黄リン,四塩化チタンなどを空中に散布して比較的小規模な煙幕を構成する発煙弾や発煙筒がある。煙幕は使用目的と構成要領から次の三つに分類される。…

※「発煙筒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

発煙筒の関連キーワードストロンチウム大島英三郎細谷火工酸化亜鉛遭難信号危険信号スモーク

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

発煙筒の関連情報