コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スラップスケート slap skate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スラップスケート
slap skate

ブレード () と靴のかかと部分が離れる構造になったスケート靴オランダで開発され,1996年シーズンからスピードスケートの選手が使用し始めた。またたく間に主流となり,1998年長野オリンピック競技大会ではやつぎばやに世界新記録が飛び出した。アキレス腱部分の疲労が少ないうえ,ブレードの接触時間が長いため氷を蹴る力のロスも軽減されることから,記録が飛躍的に向上した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

スラップ‐スケート(slap skate)

スピードスケート用の靴の一。刃のかかと部分が靴底に固定されておらず、蹴(け)り出す時に刃が靴から離れ、ばねで戻る仕組みになっている。刃が氷に接する時間が長いため、蹴る力を効率的に氷に伝えることができるとされる。もと、クラップスケートといった。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

スラップスケート【slapskates】

競技用スケート靴の一。刃(ブレード)のかかと部分が、靴底と離れたりくっついたりする仕組みのもの。刃の接地時間が長いため、力の伝達に無駄がない。クラップスケート。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

スラップスケートの関連キーワードスケート伝達

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android