スラー(英語表記)slur

翻訳|slur

デジタル大辞泉の解説

スラー(slur)

楽譜で、2個以上の音符の上または下につけられた弧線。この間の音をなめらかに続けて演奏することを示す。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

スラー

音楽記号。複数の音符の上あるいは下につける弧線。音を切らずなめらかに(レガート)演奏することを指示する。多くの場合,楽句(旋律などの区切り)も示す。(図)→タイ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

スラー【slur】

〘音〙 楽譜の記号の一。音高の異なるいくつかの音符を結ぶ弧線。その間をひとまとまりに、滑らかに演奏するしるし。 → タイ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

スラー

〘名〙 (slur) 二個以上の音符の一群の上、または下に記した弧線。その弧線の区間の音を切らずに、なめらかに演奏することを指示する。
※春(1908)〈島崎藤村〉七五「小指一本で八音を上下した時は、スラアあり、トリルあり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のスラーの言及

【フレージング】より

…フレージングの付け方によって旋律の性格がまったく変わってしまうので,分析と演奏にあたっては細心の注意と的確な判断が要求される。フレージングを表す手段としては,中世のグレゴリオ聖歌以来,単縦線や複縦線,短い縦線,フェルマータ,休符,コンマなどさまざまな記号が使われてきたが,現在ではスラーが一般的である。ただし,これはレガートの意味のスラーとははっきり区別されねばならない。…

※「スラー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スラーの関連情報