コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スリカタ スリカタ 〈ラテン〉Suricata

2件 の用語解説(スリカタの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

スリカタ(〈ラテン〉Suricata)

《「スリカータ」とも》「ミーアキャット」に同じ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

スリカタ【suricate】

しばしば後肢で立ち上がりプレリードッグに似た姿勢をとるジャコウネコ科の食肉類。ミーアカットミーアキャットともいう。アンゴラ南西部,ナミビアボツワナ南アフリカ乾燥地帯に分布。体長25~35cm,尾長17~25cm,体重620~800g。体つきは細く,頭が小さく,目の周辺が黒く吻(ふん)がとがるので神経質そうに見える。毛は長く柔らかく,明るい黄色がかった灰色で,顔から胸にかけて白く,耳介や尾端は黒い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のスリカタの言及

【マングース】より

…多くのものは単独で生活し,繁殖期のみつがいを形成するが,最小種のコビトマングースHelogale parvula(東・南アフリカ)のように2~5頭の群れで日中活動をするものや,10~24頭の群れをつくるクシマンセCrossarchus obscurus(英名cusimanse。アフリカのギニア北岸),数十頭で地中の穴を巣とするキイロマングースCynictis penicillata(アフリカ南部)やスリカタ(ミーアキャット,ミーアカット)Suricata suricatta(アフリカ南部)などがある。 大部分の種類は地上生だが,巧みに木に登るものもあり,シマオマングース(ワオマングース)Galidia elegans(マダガスカル)はふつうに木に登る。…

※「スリカタ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

スリカタの関連キーワードしばしばしばしば目立ち上がり・立上がりドッグ棒立ち立上がりドッグ・イート・ドッグプレーリードッグディナーレ・プレリュードあおり発走 (break in the air)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone