スルタン・アフメット・モスク(読み)するたんあふめっともすく(英語表記)Sultan Ahmet Camii トルコ語

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スルタン・アフメット・モスク
するたんあふめっともすく
Sultan Ahmet Camii トルコ語

トルコのイスタンブールにある同国最大のイスラム寺院。完成は1616年。堂内が青を基調とした美しい草花文様などのタイルで覆われているため、ブルー・モスクの愛称で知られている。伝説によれば、スルタン(君主)が「ミナレット(塔)はアルトゥン(金色)にせよ」と命じたのに、宰相がアルトゥ(6)と聞き違え、6本のミナレットを建ててしまった。あとで6本のミナレットがあるのはメッカのモスクだけとわかり、畏(おそ)れ多いということで、急ぎ7本目のミナレットをメッカのモスクに寄進したという。この寺院のあるイスタンブールの歴史地区は1985年に世界遺産の文化遺産として登録されている(世界文化遺産)。

[紅山雪夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スルタン・アフメット・モスク
Sultan Ahmed Cami

1609~16年,オスマン帝国のアフメット1世が建築家メフメット・アガに命じてイスタンブールに建立したモスク。前半部を中庭,後半部を礼拝室としたオスマン朝美術の典型的様式をもつ。内部の壁面が青い施釉タイルで覆われているところから,「ブルー・モスク」と通称される。大小のドーム群と 6基のミナレットによって形づくられた外観は,圧倒的迫力がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android