コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スルフォニール尿素剤 スルフォニールにょうそざい

1件 の用語解説(スルフォニール尿素剤の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スルフォニール尿素剤
スルフォニールにょうそざい

糖尿病の血糖コントロール薬の一つ。 1955年に西独で発見され,日本では 57年から使われている。この薬が血糖を低下させる仕組みはまだ完全に分かっていない。この薬が膵臓のランゲルハンス島B細胞 (インスリンを生産し血液に分泌する働きをする細胞) を刺激して蓄えられているインスリンを血液中に追い出し,血液のインスリン濃度を増やすことによってインスリン作用を盛んにし,それによって血液中のブドウ糖 (血糖) が身体の細胞に取り込まれ,エネルギー源として利用される結果,血糖が減少すると考える説が有力。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スルフォニール尿素剤の関連キーワード糖尿病性昏睡セルフコントロールFBS食後血糖値VBRコントロールプロセスコントロールレイマンコントロール二型糖尿病ヘモグロビンA1c(HbA1c)メディケーションコントロール (medication control )

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone