スルフォラファン(英語表記)sulforaphane

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スルフォラファン
するふぉらふぁん
sulforaphane

ブロッコリーに微量に含まれる辛味を生み出す成分。自然界の植物に含まれる化学成分であるフィトケミカルの一種である。体内に取り込まれた発癌物質を無毒化して排出する解毒作用をもち、体内にもともと備わっている酵素の生成を促進して、発癌物質の増殖を抑制することが証明されている。また解毒酵素を活性化して肝臓の解毒作用を高め、その結果として肝機能を高めるという報告もある。さらに、抗酸化酵素の体内での生成を促進させ、同時に細胞の酸化による老化をもたらす活性酸素を排除することにより抗酸化作用を示す。胃潰瘍(かいよう)や胃癌を引き起こすピロリ菌の除菌作用が報告されているほか、アレルギー反応を抑える作用もあり、花粉症にも効果があるとされる。また、二日酔いの原因物質とされるアセトアルデヒドの代謝促進作用もあり、アルコール多飲が原因の悪酔いを防ぐ効果もある。高脂肪食摂取時の内臓脂肪蓄積が抑制されることも明らかとなり、動脈硬化をはじめとするメタボリック症候群の予防効果に関する報告もある。加えて、紫外線が皮膚や眼にもたらすダメージを防ぐ効果もあるとされる。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android