コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スルフォラファン スルフォラファン sulforaphane

2件 の用語解説(スルフォラファンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

スルフォラファン(sulforaphane)

ファイトケミカルの一。ブロッコリーの新芽などに多く含まれる。抗酸化物質でもあり、がん予防のはたらきがあるとされる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スルフォラファン
するふぉらふぁん
sulforaphane

ブロッコリーに微量に含まれる辛味を生み出す成分。自然界の植物に含まれる化学成分であるフィトケミカルの一種である。体内に取り込まれた発癌物質を無毒化して排出する解毒作用をもち、体内にもともと備わっている酵素の生成を促進して、発癌物質の増殖を抑制することが証明されている。また解毒酵素を活性化して肝臓の解毒作用を高め、その結果として肝機能を高めるという報告もある。さらに、抗酸化酵素の体内での生成を促進させ、同時に細胞の酸化による老化をもたらす活性酸素を排除することにより抗酸化作用を示す。胃潰瘍(かいよう)や胃癌を引き起こすピロリ菌の除菌作用が報告されているほか、アレルギー反応を抑える作用もあり、花粉症にも効果があるとされる。また、二日酔いの原因物質とされるアセトアルデヒドの代謝促進作用もあり、アルコール多飲が原因の悪酔いを防ぐ効果もある。高脂肪食摂取時の内臓脂肪蓄積が抑制されることも明らかとなり、動脈硬化をはじめとするメタボリック症候群の予防効果に関する報告もある。加えて、紫外線が皮膚や眼にもたらすダメージを防ぐ効果もあるとされる。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スルフォラファンの関連キーワードアグリケミカルケミカルファインケミカルファイトケミカルファインケミストリー茎ブロッコリーカルトンファイル活材ケミカル川研ファインケミカル東レ・ファインケミカル

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スルフォラファンの関連情報