コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スレイブ スレイブ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

スレイブ

英語で奴隷のこと。マスターの対義語で、制御される側、複製、優先順位が低いといった意味で使われる。たとえば、内蔵のハードディスクを増設する場合、起動ディスクがマスター、追加したサブのディスクをスレイブに設定する。また、1台のコンピューターで複数のコンピューターを制御するシステムでは、制御する側のコンピューターをマスター、制御される側のコンピューターをスレイブと呼ぶ。なお、現在主流のシリアルATAでは、マスター/スレイブの設定は不要。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

スレイブ【slave】

〔奴隷の意〕
他のコンピューターによって制御されているシステムや装置。制御する側はマスターと呼ぶ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

スレイブの関連キーワードマスター (コンピューターシステム)マスター/スレイブシステムジョー・リン ターナーケーブルセレクトスレーブ装置

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スレイブの関連情報