コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スレーシュバラ スレーシュバラSureśvara

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スレーシュバラ
Sureśvara

[生]720頃
[没]770頃
インドの哲学者。ベーダーンタ学派に属し,過去のインド最大の哲学者といわれるシャンカラの4人の高弟の一人。彼は無明の本質について論じ,無明をもっているのはアートマン自身であり,それがアートマンと無明とに分化すると考えた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のスレーシュバラの言及

【不二一元論派】より

…その大綱は,〈ブラフマン実在,世界虚妄,個我即ブラフマン〉と簡潔にまとめられている。シャンカラには多くの弟子がいたと推定されるが,スレーシュバラ,パドマパーダ,ハスターマラカ,トータカの4名が知られ,スレーシュバラとパドマパーダが後代に大きな影響を与えた。シャンカラの後継者たちの間では,彼があえて明確な性格づけを避けた無明(アビドヤーavidyā)の問題をめぐって二派に分かれるが,その一つはビバラナ派である。…

※「スレーシュバラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

スレーシュバラの関連キーワード旭酒造株式会社平王宝亀徘徊中の列車事故訴訟ソ・イングク野中民美代阿倍宿奈麻呂石城国正当防衛

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone