コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スンズバル

百科事典マイペディアの解説

スンズバル

スウェーデン東部,ボスニア湾岸の港市木材集散地で,大製材所があり,パルプ造船などの工業も行われる。9万6687人(2012)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スンズバル
すんずばる
Sundsvall

スウェーデン北部、ノールランド地方の工業・港湾都市。人口9万3125(2001)。ボスニア湾に面した天然の良港をもち、パルプ工業、化学工業があり、港はその積出し港となっている。また地方商業の中心地でもある。1624年グスタフ2世アドルフによって都市が建設されたが発展をみず、19世紀に入って森林開発と製材工業の発達に伴って急速に工業都市化した。1888年の大火により焼失したのち、れんがと石造りの町が復活し、「石の町」の名がある。[中島香子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

スンズバルの関連キーワードアリーン

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android