コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スーパーアース super-Earth

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スーパーアース
すーぱーあーす
Super Earth

外惑星のなかで地球の数倍程度の質量があり、岩石や金属などの固体成分を主体とすると推定された惑星。巨大地球型惑星ともいう。系外惑星として初期に発見されたホットジュピター(系外惑星系の主星の近傍を周回する木星程度の大型ガス惑星)とは対照的に、スーパーアースには生命が存在する可能性が高いため、ハビタブルゾーン(生命が存在できる範囲)内での探索が行われている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

スーパーアースの関連キーワードスーパーアース(巨大地球型惑星)グリーゼ832c

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スーパーアースの関連情報