コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スーパーコンピューター スーパー コンピューター

6件 の用語解説(スーパーコンピューターの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

スーパーコンピューター

大規模な数値演算を超高速に処理するための大型コンピューター。略して「スパコン」とも呼ばれる。気象予測、天文学、化学計算、物理シミュレーションなどの高度な分野での計算に利用されている。計算処理の高速化を図るため、パイプライン処理ベクトル演算プロセッサーなど特殊なハードウェアを装備し、プログラム上の工夫としてパラレル処理や自動ベクトル化機構などをもつ。また、使用する素子も通常のコンピューターでは使用されないガリウムヒ素半導体を用いている。高速化に伴う発熱量が多いため、冷却機構に液体を使うなど、一般のコンピューターにはない工夫がなされている。一般的に、スーパーコンピューターの性能を表すには、1秒間に実行できる浮動小数点演算数を使い、単位はフロップスFLOPS)である。日本のスーパーコンピューターとしては、東京大学に設置されている「T2Kオープンスパコン東大版」や海洋研究開発機構の「地球シミュレーター」などがある。T2Kオープンスパコン東大版は、最大理論性能で140テラフロップスを実現、地球シミュレーターは、最大理論性能131テラフロップスを実現している。次世代マシンとしては、アメリカIBM製スーパーコンピューターが2011年に20ペタフロップス(PFLOPS、1秒間に10の15乗回の浮動小数点演算ができる)を目標に開発を進めている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵の解説

スーパーコンピューター

通常の汎用コンピューターより計算処理が桁違いに速いコンピューターで、多くは科学技術計算を目的とする超高速コンピューター。汎用性や経済性を多少犠牲にしても、規則性のある行列計算や粒子の運動の計算などを高速に処理する。数学的なベクトルに対して自動車の組立ラインのように処理を順次行うパイプライン処理、データの処理が可能になった時点で演算処理を開始するデータフロー処理、多くのプロセッサーを並列に分散配置し仕事を分担して同時に計算する並列処理、などの方式を採用する。

(星野力 筑波大学名誉教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

スーパーコンピューター(supercomputer)

一般のコンピューターに比べて超高速の演算ができる、超大型の科学計算用のコンピューター。気象予測、原子炉の設計、宇宙開発遺伝子解析、物質の合成研究などに利用。スパコン。ハイパフォーマンスコンピューター。HPC(high performance computer)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

スーパーコンピューター

科学技術計算を高速演算で処理するコンピューター。ベクトル計算専用の機構(ベクトル・プロセッサー)を備えたベクトル型,スカラー・プロセッサーを並列につなげたパラレル型,ベクトル・プロセッサーを並列させたベクトル/パラレル型などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

IT用語がわかる辞典の解説

スーパーコンピューター【supercomputer】

一般のコンピューターに比べて、桁違いに演算速度が速いコンピューターの総称。大規模な数値解析を行ったり膨大なデータを取り扱ったりする科学技術分野の計算に用いられる。2009年におけるスーパーコンピューターの最高演算速度は1PFLOPS(フロップス)を超えている。◇コンピューターの分野では「スーパーコンピュータ」ということが多い。略して「スパコン」ともいう。また、高性能コンピューティングの意の「high performance computing」から「HPCサーバー」ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

スーパーコンピューター【supercomputer】

並列処理機能などの採用により、膨大な量の演算を超高速で行うコンピューター。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のスーパーコンピューターの言及

【コンピューター】より

…さらに腕時計や指輪程度の大きさになると,体に着用できるという意味で,ウェアラブルコンピューターと呼ぶ。 時代の先端を行く数値演算性能を実現しているコンピューターをスーパーコンピューター(スパコン)と呼ぶ。当然,並列コンピューターであり,サイズは大きくなるが,それとて年々小さくなってきている。…

※「スーパーコンピューター」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

スーパーコンピューターの関連キーワードクロック周波数コプロセッサーDSP論理素子浮動小数点コプロセッサー曝気槽数値演算ユニット浮動小数点数型ディジタルグレイスケールNaN

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スーパーコンピューターの関連情報