コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スーレーパゴダ スーレーパゴダ Sule Pagoda

2件 の用語解説(スーレーパゴダの意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

スーレーパゴダ【スーレーパゴダ】
Sule Pagoda

ミャンマー最大の都市ヤンゴンラングーン)の中心部にある、高さ約48mの黄金色のパゴダ(仏塔)を持つ寺院。同国では丸いパゴダが一般的だが、この寺院のパゴダは八角形をしている。この寺院は2000年前、仏陀の聖髪を納めるために建てられたと伝えられている。◇伝説によれば、同じヤンゴン市内にあるシュエダゴンパゴダの建設に着手する前に、オツカラパ王がここで会議を開いた。そのため、ミャンマー語の「会議」を意味する「スーウェイ」がなまって、「スーレー」という名称で呼ばれるようになったという。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

スーレー‐パゴダ(Sule Pagoda)

ミャンマーの旧首都ヤンゴンにある仏教寺院。市街中心部に位置する。高さ48メートルの八角形の黄金の仏塔がある。「スーレー」とはパーリ語で「聖髪」を意味し、伝承によれば、仏塔内に釈迦の遺髪が納められているという。スーレーパヤー

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スーレーパゴダの関連キーワードピンマナミャンマーヤンゴンラングーンネーピードーヤングコーン蘭貢ラングーン事件ミャンマーの反政府デモ在日ミャンマー人

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スーレーパゴダの関連情報