コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ズルツァー ズルツァーSulzer, Johann Georg

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ズルツァー
Sulzer, Johann Georg

[生]1720.10.16. ウィンテルテュール
[没]1779.2.27. ベルリン
ドイツの美学者,哲学者,心理学者。 1747年ヨアヒムシュタール・ギムナジウムの数学教師,50年ベルリンアカデミー正会員,63年新設のベルリン・リッター・アカデミー教授。啓蒙主義の立場に立ち,J.ボードマー,J.ブライティンガーに美学,文芸への関心を呼起させた。4巻から成る『美的諸芸術一般論』 Allgemeine Theorie der schönen Künste (1771~74) は,当時の美学,芸術学事典として貴重である。主著『自然の作物についての若干の道徳的考察』 Versuch einiger moralischer Betrachtungen über die Werke der Natur (71) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ズルツァー
ずるつぁー
Johann Georg Sulzer
(1720―1779)

ドイツ啓蒙(けいもう)主義の哲学者、美学者。1747年以降ベルリンのギムナジウムの教授を務めた。C・ウォルフの後継者として、感覚や感情を快・不快を伴う混濁した表象とする心理学的分析に基づいて、美や道徳を論じた。とくに大著『一般芸術論』Allgemeine Theorie der schnen Knste(1771―1774)全4巻は、アルファベット順に並べられた美や芸術についての諸項目の事典の形式をとる。そこにおいて彼は、美をもっぱら形式によってのみわれわれの感覚や構想力に適意なものとし、またそのような美の形式を「多様の統一」にみた。[西村清和]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ズルツァーの関連キーワードサルデーニャ王国サルジニア王国ダンジョーディーンツェンホーファーハイデルベルクバロック音楽徴用された朝鮮人らの遺骨問題桜町天皇サボイア家サルデーニャ王国

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone