コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ズルツァー ズルツァー Sulzer, Johann Georg

2件 の用語解説(ズルツァーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ズルツァー
ズルツァー
Sulzer, Johann Georg

[生]1720.10.16. ウィンテルテュール
[没]1779.2.27. ベルリン
ドイツの美学者,哲学者,心理学者。 1747年ヨアヒムシュタール・ギムナジウムの数学教師,50年ベルリン・アカデミー正会員,63年新設のベルリン・リッター・アカデミー教授。啓蒙主義の立場に立ち,J.ボードマー,J.ブライティンガーに美学,文芸への関心を呼起させた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ズルツァー
ずるつぁー
Johann Georg Sulzer
(1720―1779)

ドイツ啓蒙(けいもう)主義の哲学者、美学者。1747年以降ベルリンのギムナジウムの教授を務めた。C・ウォルフの後継者として、感覚や感情を快・不快を伴う混濁した表象とする心理学的分析に基づいて、美や道徳を論じた。とくに大著『一般芸術論』Allgemeine Theorie der schnen Knste(1771―1774)全4巻は、アルファベット順に並べられた美や芸術についての諸項目の事典の形式をとる。そこにおいて彼は、美をもっぱら形式によってのみわれわれの感覚や構想力に適意なものとし、またそのような美の形式を「多様の統一」にみた。[西村清和]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ズルツァーの関連キーワードウィンテルWintelウインテルウィンナウィンクルウィンジョブスーパーペンテルぺんてるペンルウィンターの亡命ウィンタ岩

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone