コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

構想力 コウソウリョク

デジタル大辞泉の解説

こうそう‐りょく〔コウサウ‐〕【構想力】

物事を体系的に考え、まとめあげる能力。
想像力2

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こうそうりょく【構想力】

考えを組み立てる能力。 「 -に乏しい」
〘哲〙 「 想像力そうぞうりよく 」に同じ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

構想力
こうそうりょく
Einbildungskraftドイツ語
imagination 英語 フランス語

想像力とも訳す。心理学的には、先行体験をもとにして、現実に感覚していない新しいイメージを思い浮かべる能力を意味する。それは誤った認識の原因となるとともに、創造的認識の源泉でもあって、その意味でも認識論上重要な概念であるが、これを学的な概念として積極的に位置づけたのはカントである。それまではどちらかといえば構想力は感覚と同じ次元の概念であったが、カントは、これに独立した場を与え、感性と悟性という本来完全に別個の働きをする二つの能力を総合的に機能させる先験的能力とした。理論哲学においては感性的多様を範疇(はんちゅう)にのっとって総合する力であり、美的分野においては、悟性と主観的に合一して美を生み出す能力である。なお構想力はフィヒテではさらに発展して、すべての客観を創造する能力となる。サルトル哲学などでも重要な役割を担っている。[武村泰男]
『I・カント著、篠田英雄訳『純粋理性批判』『判断力批判』(岩波文庫) ▽J・P・サルトル著、平井啓之訳『想像力の問題』(1983・人文書院) ▽三木清著『構想力の論理』(『三木清全集8』所収・1967・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の構想力の言及

【想像力】より

…例えば,われわれが立方体を知覚するとき,その全側面が一度に見えることはないから,それを1個の立方体として意識するためには,それらの側面が総合されなければならない。その総合の働きをカントは,想像力(〈構想力Einbildungskraft〉)による〈再生の総合〉と呼んだのである。それらの総合のためには,時間的に先に把捉された側面が,後の時点まで直観的に把持されていなければならないからである(《純粋理性批判》)。…

※「構想力」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

構想力の関連キーワードダビッド(Jacques Louis David)サン・カルロ・アレ・クァトロ・フォンターネ聖堂クラーク(Michel de Klerk)ハーディ(Thomas Hardy)ウィラモウィッツ・メーレンドルフミッチェル・デ クラークシュテファン アンドレスデ・アミーチスナポレオン戦争ギリシア哲学純粋理性批判小林多喜二神州天馬侠柿本人麻呂ダムタイプアンドレスドイツ哲学アレゴリー子を貸し屋哲学ノート

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

構想力の関連情報