コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ズールー戦争 ズールーせんそうZulu War

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ズールー戦争
ズールーせんそう
Zulu War

1878年イギリスが,南アフリカのイギリス領ナタールへの脅威であるズールー王国の軍事組織の解体を要求したのに対して,ズールー国王が拒んだことから起こった戦争。12月にズールー国王セテワヨに最後通牒が送られ,1879年1月にチェルムスフォード卿が率いる約 5000人のイギリス兵と約 8000人のアフリカ人予備兵がズールー王国に進撃。セテワヨは,投槍をおもな武器とする約 4万人の戦士で対抗した。1月22日にはイサンドルワナで約 2万人のズールー軍が奇襲攻撃に成功し,イギリス兵約 800人が戦死した(→イサンドルワナ・ロークスドリフトの戦い)。1月から 4月にかけて,ズールー軍はエショウェでイギリス軍を包囲したが,イギリスの援軍が本国から到着すると,包囲を解いた。6月1日には,イギリス軍に志願,従軍していたナポレオン3世の息子ナポレオン・ウージェーヌ・ルイが戦死した。7月4日にウルンディで約 4000人のイギリス兵と約 1000人のアフリカ人予備兵が約 2万人のズールー軍と決戦し,ズールー側が大敗してセテワヨは捕虜となり,戦争は終結した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ズールー戦争の関連キーワード近・現代アフリカ史(年表)ズールーランドクワズールーアレンビーブリヘイドコリー

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android