ズールー戦争(読み)ズールーせんそう(英語表記)Zulu War

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ズールー戦争
ズールーせんそう
Zulu War

1878年イギリスが,南アフリカのイギリス領ナタールへの脅威であるズールー王国の軍事組織の解体を要求したのに対して,ズールー国王が拒んだことから起こった戦争。12月にズールー国王セテワヨに最後通牒が送られ,1879年1月にチェルムスフォード卿が率いる約 5000人のイギリス兵と約 8000人のアフリカ人予備兵がズールー王国に進撃。セテワヨは,投槍をおもな武器とする約 4万人の戦士で対抗した。1月22日にはイサンドルワナで約 2万人のズールー軍が奇襲攻撃に成功し,イギリス兵約 800人が戦死した(→イサンドルワナ・ロークスドリフトの戦い)。1月から 4月にかけて,ズールー軍はエショウェでイギリス軍を包囲したが,イギリスの援軍が本国から到着すると,包囲を解いた。6月1日には,イギリス軍に志願,従軍していたナポレオン3世の息子ナポレオン・ウージェーヌ・ルイが戦死した。7月4日にウルンディで約 4000人のイギリス兵と約 1000人のアフリカ人予備兵が約 2万人のズールー軍と決戦し,ズールー側が大敗してセテワヨは捕虜となり,戦争は終結した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android