コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セスノック Cessnock

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セスノック
Cessnock

オーストラリア,ニューサウスウェールズ州東部,ニューカッスルの西 46kmにある都市。 1886年以来の炭鉱都市。鉄道,発電の石油転換にもかかわらず日本への輸出により発展。衣服,電機などの工業も立地し,ニューカッスルへの通勤もみられる。人口1万 7506 (1986) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

セスノック(Cessnock)

オーストラリア、ニューサウスウェールズ州のハンターバレーにある町。シドニーの北約150キロメートルに位置する。1820年代に入植がはじまり、1850年代に炭鉱が発見され発展。第二次大戦後に炭鉱は衰退したが、ローワーハンター地域の中心的なワイン産地になった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

セスノックの関連キーワードハンター川

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android