コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セッドン セッドンSeddon, Richard John

1件 の用語解説(セッドンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セッドン
Seddon, Richard John

[生]1845.6.22. ランカシャー,エクルストン
[没]1906.6.10.
ニュージーランドの政治家。通称キング・ディック。イギリスの鉄工場で働いていたが,1863年オーストラリアに渡り,さらに 66年金鉱を求めてニュージーランドに移住,69年採金労働者の代弁者となった。 79年議会に進出,91年自由党政府の鉱山・公共事業相。 93年にはみずから首相となり,婦人参政権の獲得をはじめ,産業調停仲裁法,小農民のための土地法,高齢年金法などを成立させた。フィジー諸島併合には失敗したが,1901年クック諸島を併合,マオリ族から広大な土地を購入,東アジアからの移住に反対した。熱烈な親イギリス派で,1899~1902年の南アフリカ戦争では軍を派遣してイギリスを支援し,母国に有利な特恵関税率を主唱した。オーストラリアからの帰路,洋上で急死。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

セッドンの関連キーワード後藤三右衛門(2代)スタング(父子)探偵小説中間選挙採用条件の変更競進社秋色種アレクサンドル猪飼敬所石黒忠悳

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone