コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セトゥバル セトゥバル Setúbal

3件 の用語解説(セトゥバルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セトゥバル
セトゥバル
Setúbal

ポルトガル南西部,セトゥバル県の県都。セトゥバル湾北岸の港湾都市リスボン南東約 40kmに位置する。ジョアン2世 (1481~95) の時代の王宮所在地であるが,1755年の地震により歴史的建造物はほとんど失われた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

セトゥバル

ポルトガル中部の港湾都市。リスボン南東約30km,サード川河口にある。造船,コルク加工,ブドウ酒醸造が行われる。15世紀末には王宮の所在地であった。11万8696人(2003)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

セトゥバル【Setúbal】

ポルトガル中部,エストレマドゥラ地方の同名県の県都。サード河口右岸にある工業都市。人口7万6812(1981)。国内では有数の港を有し,特に漁港として重要。イワシの缶詰製造,セメント,造船,自動車組立て等の工業が行われる。市内の歴史的建造物には1755年の地震後再建されたものが多い。対岸の砂嘴にあるトロイア遺跡はローマ時代の大規模な都市遺構として有名である。【弥永 史郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

セトゥバルの関連キーワードエストレマドゥラバダホスレイリアコスタドソルエストレモスエストレラ聖堂エストレマドゥーラテージョ[川]ポルト(ポート)ルシタニア

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

セトゥバルの関連情報