コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セド祭 セドさい

1件 の用語解説(セド祭の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

セドさい【セド祭】

古代エジプトファラオ(王)が行った王位更新祭。セドsedの語義は不詳。即位後30年目に行われ,以後3年目ごとに繰り返されるのが原則だが,必ずしも厳密に順守されたわけではない。祝祭の本来の目的は,王の活力の回復にあり,王の活力と自然の豊饒とは共感関係にあるとされたため,一定期間在位した王は儀礼的殺害によって活力に満ちた存在として復活することが要求されたのである。このような慣習は現在もナイル上流の部族などにみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

セド祭の関連キーワードエジプト暦セトノモスファラオホルスエジプト鼠エジプト綿エジプト文字古代エジプト語不阿羅王

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone