コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セヌフォ族 セヌフォぞくSenufo; Senoufo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セヌフォ族
セヌフォぞく
Senufo; Senoufo

西アフリカのコートジボアール北部とマリ南東部の先住民。人口は 200万をこえると推定される。言語はニジェールコンゴ語派のグル諸語に属し,少くとも4つの方言に細分される。多数の地域集団に分れ,それぞれ自称や言語に対する独自の呼び名をもつ。セヌフォという名前は部外者がつけたものである。とうもろこしやもろこしを主穀物として栽培する農耕民で,畑は集落のまわりにある。家族組織は拡大家族で,家長,息子とその妻たちと子供がいる。一夫多妻が一般的で,相続は同一の母の兄弟または母の家族のだれかに継承される。青年期のイニシエーション儀礼は成人の責務への第一歩である。また音楽にすぐれ,マリンバと太鼓の合奏が有名である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

セヌフォぞく【セヌフォ族 Senufo】

西アフリカのコートジボアール北部を中心に,隣国のマリ,ブルキナ・ファソ(オートボルタ)にまたがって居住する部族。人口は85万を超えると推定される。言語の区分でいえば,セヌフォ語は,マリのドゴン語やブルキナ・ファソのモレ語(モシ語)と同じボルタ語群に属する。サバンナ化した草地で焼畑農耕を行い,ミレットヤムイモラッカセイ,陸稲などを栽培する。政治的統合は村落レベルにとどまり,首長制王国のような発達した政治組織をもたなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のセヌフォ族の言及

【コートジボアール】より

…北部のマリンケ族やジュラ(ディウラ)族もこのグループに属する。第4は,セヌフォ族,クランゴ族,ロビ族などのボルタイック・グループで,ブルキナファソに中心をもち,この国に南下してきたものである。これら諸部族のなかで最大のものはバウレ族で,人口は70万をこえると推定されている。…

【住居】より

…各住棟は中庭に面して囲われた炉をもつ。円形の住棟が複合化した例としてレラ族,フラフラ族,セヌフォ族のコンパウンドがある。レラ族の場合,3~4の円形棟が重合して一つの基本単位となるが,夫人のゾーン(区画)では各夫人の棟が連結し,さらに大きな泡状の集団となる。…

※「セヌフォ族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

セヌフォ族の関連情報