コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セネビエ Senebier, Jean

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セネビエ
Senebier, Jean

[生]1742.5.6. ジュネーブ
[没]1809.7.22. ジュネーブ
スイスの植物学者,牧師。富裕な商人の家に生れ,神学を学ぶ。地方都市で牧師をつとめた (1769~73) のち,ジュネーブの市立図書館の司書に任命される (73) 。植物生理学の研究のかたわら,百科事典の編集などにも献身。業績の中心は,植物における気体交換の研究で,A.ラボアジエの燃焼・呼吸理論に基づき,緑色植物が太陽光のもとで二酸化炭素を吸収し,それを酸素に変えて放出すること,日光や二酸化炭素がなければ酸素を放出しないこと,植物の非緑色部分が動物と同様呼吸,発熱することを明らかにし,光合成,呼吸の研究に重要な貢献をした。主著『植物生理学』 Physiologie végétale (1800) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

セネビエの関連キーワード白河藩ルソー(Jean-Jacques Rousseau)セルシウス度助産所井上士朗ウォルポール火罪紀海音公事方御定書

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android