コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セバスチアヌス Sebastianus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セバスチアヌス
Sebastianus

[生]?
[没]288頃.ローマ
ローマの初期キリスト教殉教者,聖人。伝承によるとディオクレチアヌス帝の近衛将校。キリスト者であることが知れて矢で射殺され殉教したが,奇跡によって蘇生。のち帝のもとにおもむきその事実を告白したため撲殺された。矢に射られた美青年として聖画の題材となり崇敬された。『ヒエロニムス殉教録』にも記されている。祝日は西方で1月 20日,東方で 12月8日。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

セバスチアヌスの関連キーワードリベラーレ・ダ・ベロナイーゼンハイム祭壇画聖セバスチャンの殉教ポライウオロファビアヌス図像学

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android