コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セバスチアヌス セバスチアヌスSebastianus

1件 の用語解説(セバスチアヌスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セバスチアヌス
Sebastianus

[生]?
[没]288頃.ローマ
ローマの初期キリスト教殉教者,聖人。伝承によるとディオクレチアヌス帝の近衛将校。キリスト者であることが知れて矢で射殺され殉教したが,奇跡によって蘇生。のち帝のもとにおもむきその事実を告白したため撲殺された。矢に射られた美青年として聖画の題材となり崇敬された。『ヒエロニムス殉教録』にも記されている。祝日は西方で1月 20日,東方で 12月8日。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

セバスチアヌスの関連キーワード未来工業戦国の館地財ショックあべのハルカス増える大学数・教員数地域事業費帰国支援事業都内の待機児童の状況田村[市]ナフトール

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone