コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セベルナヤ・ゼムリャ[諸島] Severnaya Zemlya

世界大百科事典 第2版の解説

セベルナヤ・ゼムリャ[諸島]【Severnaya Zemlya】

ロシア連邦北部,タイミル半島北方の北極海に浮かぶ諸島。〈北の土地〉の意。北からコムソモレツ島,ピオネール島,オクチャブリスカヤ・レボリュツィア(十月革命)島,ボリシェビク島の4大島と10余りの小島からなり,多島海を形成する。総面積3万7000km2。タイミル半島と諸島の西側はカラ海,東はラプテフ海である。南端のボリシェビク島と大陸北端のタイミル半島チェリュスキン岬との間は,幅約60kmのビリキツキー海峡となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android