コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セベルナヤ・ゼムリャ[諸島] Severnaya Zemlya

1件 の用語解説(セベルナヤ・ゼムリャ[諸島]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

セベルナヤ・ゼムリャ[諸島]【Severnaya Zemlya】

ロシア連邦北部,タイミル半島北方の北極海に浮かぶ諸島。〈北の土地〉の意。北からコムソモレツ島ピオネール島,オクチャブリスカヤ・レボリュツィア(十月革命)島,ボリシェビク島の4大島と10余りの小島からなり,多島海を形成する。総面積3万7000km2。タイミル半島と諸島の西側はカラ海,東はラプテフ海である。南端のボリシェビク島と大陸北端のタイミル半島チェリュスキン岬との間は,幅約60kmのビリキツキー海峡となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

セベルナヤ・ゼムリャ[諸島]の関連キーワードオビ川レナ川コミロシア連邦ヘル半島Мурманск対ロДудинкаНорильскタイミル岩

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone