コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セミタケ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セミタケ
せみたけ / 蝉茸
[学]Cordyceps sobolifera B. et Br.

子嚢(しのう)菌類、バッカクキン目バッカクキン科のキノコ。ニイニイゼミの幼虫に寄生する冬虫夏草類の一種。高さは5~6センチメートル、地下の蛹の頭部から発生し、棍棒(こんぼう)形。頭と柄(え)の二部からなる。頭部はやや太く、黄褐色で、表面に細かい粒状のものが密につく。柄は白く、表面は滑らかである。頭部の粒状のものは、表層部に埋没して形成されるとっくり形の被子器の開口部である。被子器の中には無数の円筒形の子嚢があり、子嚢胞子をつくる。胞子は子嚢内では細長い糸状であるが、放出後細かくちぎれて飛散する。分布は西インド諸島、メキシコ、スリランカ、マダガスカル、中東などと広い。日本では関東以南でみられる。日本にはセミに寄生する冬虫夏草類はきわめて多く、セミタケ以外は日本特産で、いずれも希品である。セミタケは本草(ほんぞう)書では蝉花(せんか)と書かれている。[今関六也]
『清水大典著『冬虫夏草』(1979・ニュー・サイエンス社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のセミタケの言及

【冬虫夏草】より

…このいぼ状突起は菌の子囊殻で,成熟すると先端から胞子がおし出され,その胞子はまた新しい虫について寄生する。代表的なものにセミタケC.sobolifera B.et Br.(イラスト),サナギタケC.militaris Link.(鱗翅(りんし)類のサナギに寄生),ミミカキタケC.nutans Pat.(カメムシの成虫に寄生)(イラスト),ハチタケC.sphecocephala Sacc.,アワフキムシタケC.tricentri Yasuda(イラスト)などがある。 例外的に地下にできるキノコのツチダンゴElaphomycesに寄生するハナヤスリタケC.ophioglossoides Fr.(イラスト)やタンポタケC.capitata Cesati et Not.,タンポタケモドキC.japonica Lloydもある。…

※「セミタケ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android