コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セラミックフィルター ceramic filter

3件 の用語解説(セラミックフィルターの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

セラミックフィルター【ceramic filter】

多孔質のセラミックスを用いた気体・液体用の濾過材。熱による劣化が少なく、菌体の除去に優れる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

セラミック‐フィルター(ceramic filter)

ファインセラミックス多孔質を材料とする濾過器。樹脂などの有機膜がもたない耐熱性、耐薬品性に優れる。
ある特定の周波数の電気信号のみを取り出すフィルター。圧電効果を示すチタン酸ジルコン酸鉛などの圧電性セラミックスが用いらる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

セラミックフィルター【ceramic filter】

チタン酸ジルコン酸鉛Pb(Zrx,Ti1-x)O3のように強誘電性物質の粉体を焼結して得たセラミックスに強い電界を印加して分極処理したものは圧電性を示すようになる。セラミック圧電体の用途には,圧電着火,超音波発振,振動検出などがあるが,共振子として使う場合,特定の周波数の電波だけを選択的に通過させることができる。これはセラミックスによる電波のフィルターであるのでセラミックフィルターと呼ばれる。 このほか最近では,液体のろ過に使われる耐食性のよいアルミナシリカなどのセラミックスの多孔質体もセラミックフィルターと呼ばれるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

セラミックフィルターの関連キーワードウリジル酸炭酸鉛リン酸リンタングステン酸タンニン酸チタンコンデンサーグルコン酸発酵ヘキスロン酸ホスホグルコン酸経路ポリリン酸塩

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

セラミックフィルターの関連情報